不同沈下事故の原因

不同沈下

建物の沈下は、形態によって、

①同沈下 
②一体傾斜による不同沈下 
③変形角を伴う不同沈下 
に分類されます。

特徴として
①同沈下建物や配管に障害が生じる可能性は低い。
被害がほぼないので、気付かない、分からないことが多い。
②一体傾斜による不同沈下建物や配管に障害が生じる可能性は低い。
被害がほぼないので、気付かない、分からないことが多い。
③変形角を伴う不同沈下ドアや窓の開閉に不具合が生じる可能性が高い。
日常生活において違和感を感じる。
(①②③ともに、程度にもよりますので、これがすべてではありません。)

不同沈下が生じやすい地盤には、

 ●軟弱地盤上に新たに盛土された地盤
 ●高有機質土(腐植土)が厚く堆積する地盤
 ●地層が傾斜し盛土厚や軟弱層厚が異なる地盤
 ●盛土や擁壁の裏込め土の締まり不足
 ●締め固めが不均一な地盤  

などの軟弱地盤に建物などの荷重がかかる事により沈下がおきます。

その不同沈下を防ぐために必要な5つのステップ

調査 解析 判定 地盤補強工事 地盤保証
浅層混合処理工法(表層改良)
深層混合処理工法(柱状改良)
ファインパイル工法 ファインパイル工法eco
ファインパイル工法 ファインパイル工法eco
環境パイル工法 環境パイルS工法
環境パイル工法 環境パイルS工法
スーパーNP-PACK工法 スーパーNP-PACK工法eco
スーパーNP-PACK工法 スーパーNP-PACK工法eco
ブログ
お問い合わせ
momホームページ
mom-マム楽天市場店